兼子会計事務所の攻めの儲かる会計

記事検索

カレンダー

2018年11月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

医薬品のレシートを保管しましょう!2017年04月26日(水)

【自主服薬推進のためのスイッチOTC薬控除の創設】

 

♦ 最近このセリフが耳に残りませんか?

 最近のCMで「セルフメディケーション」という言葉をよく耳にしませんか。2017年1月1日から、特定の医薬品購入に対する新しい税制「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が始まっています。※セルフメディケーションは、世界保健機構(WHO)において、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義されています。

 

♦ セルフメディケーション税制の概要

 この制度は、きちんと健康診断などを受けている人が、一部の市販薬を購入した際に所得控除を受けられるようにしたものです。具体的には、「健康の維持増進及び疾病の予防への取り組みとして一定の取組を行う個人」として、定期健康診断などを受けている人が、市販薬(要指導医薬品および一般用医薬品)のうち、医療用から転用された特定成分を含む医薬品を年間1万2000円超購入すれば、1万2000円を超えた部分の金額(上限:8万8000円)につき所得控除を受けられます。

 

♦ 注意すべき点

⑴健康の維持増進及び疾病の予防への一定の取組とは、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診を言います。会社の検診も含まれます。

⑵対象となる医薬品は、医療用から転用された医薬品:スイッチOTC医薬品と言われるものです。具体的定義がありますが、「共通認識マーク」を目印にしましょう。

 レシートでは対象商品の横に★印(★以外の記号の場合もあります)が記載されたり、記号以外の方法で示されたりする場合もありますが、対象商品を明確に区分できるようになっています。

※OTC医薬品(一般用医薬品):薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売されている医薬品。

⑶本特例の適用を受ける場合には、現行の医療費控除を受けることができなくなります。どちらかを選ぶことになります。

⑷この制度は年末調整では適用されません。自分で確定申告が必要です。

⑸レシートはマメに保存しましょう!

 

                                             (ゆりかご倶楽部:税務/会計トピックス掲載記事)

                    (提供元:株式会社エムエムアイ)

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

無料相談実施中

山形県山形市の税理士/会計事務所の兼子和伴税理士事務所

お問い合わせはこちらをクリック

カテゴリー:税務
Tags: , , , , ,

103万円・130万円・141万円・160万円の壁 これ知っていますか!2016年02月26日(金)

どうせ働くなら税金や社会保険などで損しないように働きたいというのが正直なところではないでしょうか。そこで一言、簡単にまとめてみました。

 

― 103万円の壁とは ―  年間の給与収入が103万円を超えると所得税の負担が発生します。103万円以内だと所得金額は103万円(収入)‐65万円(給与所得控除)-38万円(基礎控除)= 0となり、また、夫は所得金額から配偶者控除、38万円の控除が受けられます。現在、配偶者控除の制度見直しが浮上しています。改正の可能性もあるので注意が必要です。

― 130万円の壁とは ― 「103万円の壁」は税法上の扶養についての話でしたが、「130万円の壁」は社会保険についての話です。会社員の妻がパートタイムで働いて年収が103万円または、130万円を超えると世帯としての手取り額が減ってしまうことがあります。具体的には、

①働く妻自身の所得税と社会保険(厚生年金・健康保険)が発生する

②夫が配偶者控除を受けられなくなる

③夫が会社から配偶者手当が受けられなくなることがある

また2016年10月からこの130万円が106万円になる見通しですが、今のところ大会社のみの適用となっております。

― 141万円の壁とは ― 配偶者の収入が103万円を超えてしまった場合でも、まだ税法上の優遇措置があります。それが「配偶者特別控除」です。配偶者特別控除は、パート収入103万円超141万円未満の場合に段階的に受けられる控除です。

― 160万円の壁とは ― 年収が約160万円を超えてしまえば税金や社会保険を負担しても手取り収入が増えていきます。従って手取りの確保を考えると130万円以下の年収に抑えるか、160万円以上を目指すかという選択になります。

2月

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

無料相談実施中

山形県山形市の税理士/会計事務所の兼子和伴税理士事務所

お問い合わせはこちらをクリック

カテゴリー:税務
Tags: , , ,