兼子会計事務所の攻めの儲かる会計

記事検索

カレンダー

2023年9月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

公的年金引き下げと確定申告2011年05月19日(木)

公的年金が平成23年6月支給分から0.4%引き下げになります。

これは、平成17年(基準年)と比較して物価が0.4%下がったからとのこと。

これにより、

国民年金受給者は、月額66,008円から65,741円の267円減額(*1)

厚生年金受給者は、月額232,592円から231,646円の946円の減額(*2)

になるそうです。

(*1)一人分の金額で、40年間国民年金保険料を納め続けた場合

(*2)夫婦二人分の金額で、夫は平均収入36万円で40年間就業し、妻はその期間専業主婦の場合

 

また、平成23年税制改正案により、年金所得者の確定申告手続きが平成23年から以下のように変わる予定です。

 

・公的年金収入金額が400万円以下で、かつ、年金以外の所得金額が20万円以下の年金所得者は申告が不要になります。

 

こうなると、わたしのホームページのトップページ「年金受給者申告パック」は要らないですね。。。新たなプラン考えます!こうご期待!!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

無料相談実施中

 

山形県山形市の税理士/会計事務所の兼子和伴税理士事務所

 

お問い合わせはこちらから

 

カテゴリー:税務
Tags: